ブランディング

企業ブランデイング

ものづくり企業はチャレンジャーであれ 【ブランディング コラム】

「モテるものづくり」には3つの要素を満たすことによって、情熱や思いつきではない、ロジカルなモテる自社ブランド作りにチャレンジすることができます。またテクノロシーの推を集めた革新的な製品を開発することだけでもありません。①お客さん、ユーザーがトキメく ②作り手が惚れ込んでいる ③自社で作り、売ることができる……
企業ブランデイング

ものづくり企業の リーダーシップ【ブランディング コラム】

ものづくり企業おいてに求められるリーダーシップ、それは「逆算力」です。逆算力とは…①目標を定める力 ②自社と社会の視点を行き来する力 ③必要な要素を集める力_ものづくりは多くの工程を必要とし、場所、モノ、ヒトの力があって初めて解決するため、今の現象を変化させることに迷いを感じる社長さんが多くいることが事実です。しかし…
個人ブランディング

ものづくり企業の アイデンティティー 【ブランディング コラム】

マーケットに負けないアイデンティティーのあるものづくり企業づくりは、本音と建前を整理することからでも始められます。会社の資金繰りのために、なんだかなぁとともいながらも、納期の厳しい案件やチャレンジ精神の掻き立てられない無難な仕事ばかりを受けている(建前)。でも本当は、テレビ番組「ガイアの夜明け」や「カンブリア宮殿」……
企業ブランデイング

ブランディングから考える ものづくり企業の資質 【ブランディング コラム】

わたし達はこの、ものづくりへの好奇心と探究心こそが、これからのものづくり企業の資質でだと考えています。実際に、10人ほどの町工場さんが自分たちの哲学を基に、ブランディングを通して強みを明確にしていくことで難攻不落と言われていた大手研究会社との新規研究開発をスタートさせる姿を目の前で見てきました。これはものづくり企業の…
企業ブランデイング

ものづくりブランディングの哲学 【ブランディング コラム】

これからのものづくり企業にはブランディングを行うための「哲学」が必要です。これを私たちはわかりやすく「譲れない大切な考え」と言っています。今までの企業では、会社の重要な意思決定や取引先の決定の場面において、どんな会社を選ぶのかは考えることが面倒で人の進めるものに決めるような「常套手段」がありました。しかしこれからは……
企業ブランデイング

ものづくりブランディングとは 【ブランディング コラム】

わたし達C-OILINGではこのブランディングを「コミュニケーション」と定義づけています。ものづくりの歴史というのは、社会の生活を進化させ豊かにしたいという想いから技術進化を繰り替えてして今に繋がれてきたものだからです。ものづくりブランディングでは、この「想いと技術」を伝え合うことが重要です。
企業ブランデイング

ファンができる・できない ブランドストーリーその違いは?

私たちを取り巻く情報は、10年前の530倍に膨れ上がっています。私たちはそんな情報の中で同業者と差別化してブランドとして愛されるためには、どの会社とも、誰とも違うあなただけのブランドストーリーを語ることです。例えば、「私と同じ悩みを持つお客さんに喜んでもらうために、こんな準備が整いました」とか…
企業ブランデイング

あなたは大丈夫? 人が離れていく「逆」ブランディング

NG.1 販売から始める。NG.2 自分の話に時間を割く。NG.3 多分わかっていると信じ切る。G.4 今のスキルに満足する。NG.5 売れている人を模倣する。一方的な認知活動や発信は、逆にお客さんを遠ざけてしまう可能性があります。あなたの認知活動は「逆」ブランディングになっていないかチェックしてみてください。
企業ブランデイング

ブランドは知られることで進化する 「認知度×クオリティ」の掛け算ブランディング      

このように、私たちの商品やサービスは、依頼を受け、お客さまのリアルな悩みや希望に触れるまでは、私たち発信者側の想像の範囲を超えることはできません。① まず発信によって知られる② 接触回数が増えるたびに理解が深まる③ 依頼がくる④ リアルな悩みや希望に触れることでより精度の高いアウトプットができる⑤ ①〜④の繰り返し
企業ブランデイング

相手があなたを売り込んでくれる
ブランディング 私たちは「自分で選びたい」生き物

購入の決め手は「自分が選択した」という裁量権がもたらす充足感です。お店で洋服を買うとき「この服買おう!」思っていたのに、その後の店員さんがグイグイと売り込みを受けて買う気が失せてしまった。なんて経験はありませんか? せっかく購入を決めていたものも、人から売り付けられると購買意欲が下がってしまうのです。
企業ブランデイング

ブランドを強くする3つの武器 効果的に進化させるブランディング

ブランドを進行形(ing)として進化させるブランディングにすることによってさらなく拡大をすることが可能になります。 ①感情的なインパクト②ブレない発信③ブランディングによってブランドは進化する。お客さんにあなたのブランドに対して一貫性のある発信によって作られた共通認識こそこれからの時代のブランドの存続には欠かせません。
企業ブランデイング

ブランドはお客さんの頭の中で生まれる!イメージを共創するブランディング

ブランドイメージをとは「共通の価値認識」として頭の中で感じ取っているのです。私たちはエルメスというブランドに対して「高いけど良いもの」という共通認識を持っています。この共通に感じる価値こそがブランドの実態なのです。そのためには名分化したメッセージと直感的に捉えられる視覚的表現でデザインで伝えてしていくことが重要です。
企業ブランデイング

ブランディングは「本能に刺さるもの」 理性が直感に勝てないそのワケは!?

私たちはどんなに理性的に物事を理解しようとしても、目の前を通り過ぎる人や情報に対して、瞬間的に印象付けてしまう生き物なんです。たちは視覚的な印象を0.3秒で決定していると言われています。これは対面であれば、話し方や表情、その時の服装で印象が変わります。一瞬で目に飛び込んでくる情報が第一印象の決め手となります。
企業ブランデイング

自分のブランドに迷いがなくなる!ブランディング7つの階段

ブレのないブランド発信を続けることは「あなただから●●を頼みたい」と思われるお客さんが自然とファンになる仕組みを作ります。STEP.1 ペルソナを明確にして差別化する。あなたの専門性で、お客さんのどんな悩みの解決や希望を叶えるのかをクリアにし、明文化しましょう。STEP.2 ペルソナに刺さる視覚的デザインだけで固める…
企業ブランデイング

顔色を伺うと売れない!? 知っておきたいブランディングとマーケティングの順番

ブランディングをしてからマーケティングをしていく方が、モチベーションも保ちながら効率よく進めることができます。「●●といえばあなた」という専門性こそ最強のブランディングです。あなたも得意の専門分野で最大限のパフォーマンスを発揮することによって、お客さんもその最大限のパフォーマンスを受けることができます。