ブランディング

企業ブランデイング

ファンを増やす認知活動4つのステップ 効果的なブランディング

STEP.1 認識。お客さんはこの時初めて、存在すら知らなかったあなたの商品の存在を認識します。STEP.2 相性単純な接触回数を増やすことによって私たちは自然と親近感を覚えるようになります。STEP.3 理解理論的なメリット、感情的なベネフィットに訴えかけるメッセージを発信してください。STEP.4この時のペルソナの
企業ブランデイング

ブランディングには 積極的な認知活動が必要な理由

影響力というのは大手企業のだけのものではありません。個人でも影響力は作れます。カリスマと呼ばれる個人が、大きな影響力を持つようになったのはなぜでしょう?それは顧客、同業者、メディアが本人に対してどんな印象を描くか、プロセスの積極的な管理をしていたからです。
個人ブランディング

パーソナルブランドって本当に必要? 企業と個人で差はあるのか?

パーソナルブランドは、何かビジネスしている企業や人には絶対に必要です。なぜかというと、個人でも会社でもビジネスをする上で、この人(会社)と一緒に仕事がしたい、応援したいと思われないと購買につながらないからです。
企業ブランデイング

ブランディング 何からしたらいいの!? 3STEPチェック

ブランディングの順番を知って効果的にファンを増やす。STEP1.差別化:HOW(どうやって)」「WHEN(いつ)」「WHERE(どこで)」を言語化するSTEP2.認知活動:「WHEN(いつ)」「WHERE(どこで)」「HOW(どうやって)」を視覚化するSTEP3.継続:自然とリソースが増えてるリピートをしてもらうこと
企業ブランデイング

新型コロナウイルスで変わるブランドの力 変わらないブランドの力 中小企業のブランディング

このコロナ禍において、、2011年に起きた東日本大震災や2016年の熊本地震時に見直されてきた、人と人との精神的な繋がりである「共創性」と言えるでしょう。物質的な繋がりではなく、顧客といかに支持し合いたくなる関係性を顧客と築けるかがキーポイントになってきます。
企業ブランデイング

マーケティングとブランディングの違い 新しい自分たちをデザインする

マーケティングとは「私は●●です」と自らを市場に当てはめること。ブランディングとは「あなたは●●だと思う」と相手から認識を持たれること。ではこれからの時代に必要なのはマーケティング力?ブランディング力?今回は図を使いながら解説していきます。
企業ブランデイング

そもそもブランディングとは? いまさら聞けないブランディング基礎まとめ

私たちを取り巻く情報の量、実は10年前から比べると、なんと約530倍に膨れ上げっているのを知っていましたか?

例えば10年前までは石鹸といえば口コミこの3種類から選ぼう、と思っていた人も、3種類×530の1,590種類から選ぶことができるようになっています。 

その中で「Aといえば●●だ」と指名買いしてもらえないことは購入の確率を下げてしまうことにつながります。