h-daigo@c-oiling.com

企業ブランデイング

お客さんにクリアに伝わる!「強み」のポジショニングが必要なワケ

あなたのオジションは「強み」によって構築するものです。何か知名度を上げるためだけに、流行っているから、同業者がやっていないからで選ぶのではなくブランドが成り立つためのヒストリーと、そこから築き上げてきた専門分野に特化し、ポジショニングを明確に伝えるブランディングを考えましょう。応援・支持する意味が明確になる①商品ライ…
企業ブランデイング

ブランドを強くする 「ペルソナ」との向き合い方

どんなに世界的に有名なブランドも、最初からカリスマ性があったらか売れたのでがなく、お客さんの感情を知り、その感情をポジティブにする商品やサービスの展開によって発展していったのです。①ペルソナの悩みを知る②ペルソナの欲しい商品・サービスを考える③ペルソナの買いやすいビジネスモデルを考える。世界的に有名なコカ・コーラは今…
企業ブランデイング

一言で言い切る!複雑な専門分野でもしっかり伝わる 特化型ブランディング

知識や技術を最大限に生かして多くのお客さんの事業や生活を向上させたい!と立ち上げるブランドが、お客さんとの距離をスムーズに縮めるための特化型ブランディングについてお話しします。誰のために?→ペルソナ。何を→専門化。なぜ?→ポジショニング。この3つを明確にすることでブランディングは動き出します。ブランディングにおいて……
企業ブランデイング

なんだか伝わらない…を抜け出す ブランドの「目的・目標・手段」

ブランディングには大きく「差別化」「認知」「継続」の3つのステップで構成されますが、その際に何を実施したら良いのか、ブランドの本質を顧客に伝え、顧客と価値を共有し、ブランディングをスムーズに行うための大きな流れを3つの階層に分けてお話ししたいと思います。どのチャンネルで?ウェブサイト.Facebook.Youtube…
企業ブランデイング

なんとなくブランディングしないための「目標設定」の方法

日本ではブランディングをすることをまだまだ、なんとなくおしゃれにカッコよくする、ビジュアルを整えることと捉えられがちです。しかし実際はブランドの価値をより多くの人と共有していくための戦略を練り、戦術を考えることです。その上で結果的にデザイン性に優れたものが生まれたりもします。①数値的目標を立てる。・いつまでに?:スケ…
企業ブランデイング

脱なんとなくブランディング! ブランド評価をする 5つのチェック項目

ブランディング活動には「差別化」「認知」「継続」の3つのステップが存在します。 そのステップ中の「認知」で多くの企業や個人事業主がつまづいていることを見かけますが、その多くの原因は認知活動におけるブランドの現場を客観視できていないことが原因です。1。ブランドの存在に対する「気づき」2。ブランドに対して興味を深める「理…
企業ブランデイング

今のまま突き進んで大丈夫?ブランドの価値を高める定期的な評価とは

ブランドの価値というのは「共有された価値イメージ」です。今回はブランドの価値を高めるための、認識の差異についてお話ししていきます。5Gに切り替わり多くの情報をオンライン化していくこの今のタイミングで、現状のブランドの評価を行いましょう。A. ブランドがどのような印象を持たれていると考えているか?B. ブランドの………
企業ブランデイング

ブランドのメッセージは届いているか? お客さんとつながるDMの効果測定

DMは活用していますか?日々のブログの登録や、SNSの投稿に日々勤しんでいるかもしれませんが、DMとニュースリリースは性質の違うものだということを理解して効果的に発信していくことが重要です。①反応回数②1通あたりの質③1通あたりの経費。・名前やブランドの価値を高めること。・あなたの商品やサービスが相手にとって必要なカ…
企業ブランデイング

5G時代の効果的なブランディング オンライン化で 効果的な 5つの項目

業務をオンライン化を進めましょう。 という話になると「今までなんとかなってきたんだから大丈夫だろう」という言葉が脳裏に浮かぶかもしれません。しかし5Gの普及とともに世界は「検索と比較の時代」に移行してきています。 お客さんは自分が欲しいと思ったものを、自分のタイミングで検索し同業他社と比較をするのです。さらに…
企業ブランデイング

オンラインだから作れる ブランディング 3つの関係性

今まさに迎えようとしている5Gの普及によって世界は「検索と比較の時代」へと一気にシフトチェンジをします。 世界中の人々の行動が「意志のあるもの」に変化していきます。今までの人に聞いたから、目の前を通りかかったからではなく、自分の調べたいものを自分の調べたい時に、場所も時間も制約なく、検索・比較をする時代です。
企業ブランデイング

反復して印象づける! ブランディング認知のための3つのアイテム

ブランディングにおける「差別化」「認知」「継続」の3つのステップの中で多くに人や企業がつまづく「認知」活動。なぜつまづく人が多いのかと言うと、私たちの記憶力は1度で忘れないように、どんなに集中して覚えても「忘却曲線」に沿って忘れていってし...
企業ブランデイング

同業者を寄せつけない!ポジショニングでもっと印象づく あなたのブランド

ブランディングには3つのステップがあります。それは「差別化→認知→継続」です。ブランディングをする上で、効果的に「認知」されるということはあなたが「差別化」し特化した領域に、同業者が入り込む隙がないほどのお客さんからの信用や注目を集めることです。
企業ブランデイング

価値が上がる 単価も上がる ブランディングのための3つのルール

これからのポストコロナ時代に踏み出す私たちは、今までのビジネススタイルから進化していきます。不況の煽りと、消費の傾向が外から内に移行によって「買う意味」が明確でないもはの選ばれなくなります。やりがちな2大ブランディング失敗あるあるがあります。1つ目は、ターゲットを広げすぎること。2つ目は、専門性の枠を広げること。
企業ブランデイング

絞ると売れる! 特化型ブランディング4つの効果

ブランディングをすることの魅力のひとつに「営業を減らすことができる」という効果があります。あまり聴き慣れないワードかもしれませんが、ブランディングするということは、これから求められるのは、今までの足で稼がなくてはいけない、多くの人に知って...
企業ブランデイング

押し売りしなくても自然と売れる「特化型ブランディング」の5つのメリット

技術や知識や経験のある方ってついつい「お客さんのために良いものを作っていれば大丈夫」と思ってしがちです。特化型ブランディング の5つのメリット①選ばれやすくなる②専門家として認識されやすくなる③価値を認められる④お客さんに一目で認識される⑤自分の得意分野に集中できる。、何よりこれからの「検索と比較の時代」において…