企業ブランデイング

企業ブランデイング

反復して印象づける! ブランディング認知のための3つのアイテム

ブランディングにおける「差別化」「認知」「継続」の3つのステップの中で多くに人や企業がつまづく「認知」活動。なぜつまづく人が多いのかと言うと、私たちの記憶力は1度で忘れないように、どんなに集中して覚えても「忘却曲線」に沿って忘れていってし...
企業ブランデイング

同業者を寄せつけない!ポジショニングでもっと印象づく あなたのブランド

ブランディングには3つのステップがあります。それは「差別化→認知→継続」です。ブランディングをする上で、効果的に「認知」されるということはあなたが「差別化」し特化した領域に、同業者が入り込む隙がないほどのお客さんからの信用や注目を集めることです。
企業ブランデイング

価値が上がる 単価も上がる ブランディングのための3つのルール

これからのポストコロナ時代に踏み出す私たちは、今までのビジネススタイルから進化していきます。不況の煽りと、消費の傾向が外から内に移行によって「買う意味」が明確でないもはの選ばれなくなります。やりがちな2大ブランディング失敗あるあるがあります。1つ目は、ターゲットを広げすぎること。2つ目は、専門性の枠を広げること。
企業ブランデイング

絞ると売れる! 特化型ブランディング4つの効果

ブランディングをすることの魅力のひとつに「営業を減らすことができる」という効果があります。あまり聴き慣れないワードかもしれませんが、ブランディングするということは、これから求められるのは、今までの足で稼がなくてはいけない、多くの人に知って...
企業ブランデイング

押し売りしなくても自然と売れる「特化型ブランディング」の5つのメリット

技術や知識や経験のある方ってついつい「お客さんのために良いものを作っていれば大丈夫」と思ってしがちです。特化型ブランディング の5つのメリット①選ばれやすくなる②専門家として認識されやすくなる③価値を認められる④お客さんに一目で認識される⑤自分の得意分野に集中できる。、何よりこれからの「検索と比較の時代」において…
企業ブランデイング

今すぐはじめる withコロナ時代を生き残る「特化型ブランディング」

今回のコロナの影響で消費者の中で2つの心情が大きくなりました。1つ目は消費に対して慎重になったこと。大手企業の大幅なリストラや中堅企業の倒産、派遣社員の2つ目は自分のライフスタイルを見直す時間が増えたこと。今まで外出で楽しんでいた余暇の時...
企業ブランデイング

うっかりやっていませんか?ブランドの印象を弱める 4つのNG発信

れからの検索と比較の時代において、重要な「差別化」をする際にいかにパーソナルな要素をブランドと馴染ませながら開示していくかはとても重要なことです。しかし、ブランド発信者である私たちがお客さんにいい印象を与えようと必死に伝えるあまり4つのNG発信があることを知っていましたか?
企業ブランデイング

ブランドには期待感を ファンが増える環境をブランディングする

テレビ番組や雑誌の特集で「あのブランドの開発秘話!」と言う見出しが目に入るとついつい見てしましませんか? 私たち人間は、知的好奇心によって進化してきた生き物です。どんな環境でそのブランドが生まれたのかと言う理由や背景を知ることにとても興味を持つのです。あなたの理想的なブランド像はどんなものですか?ブランド価値を………
企業ブランデイング

思わず好きになる! リピートされるブランドがやっている4つのパーソナル開示

溢れる情報の中から、あなたのブランドと同業者と差別化してスムーズに認識してもらうためには、あなたの提供する商品やサービスの裏側に隠されたパーソナルな部分の開示が欠かせません。ただ良いもの、ただ便利なものだけではこれからの「検索と比較の時代...
企業ブランデイング

お客さんが自然と増える ブランディングに必要な「パーソナルの開示」 4つのメリット

これからくる「検索と比較の時代」ではただ良いものを作っているだけでは、お客さんと出会うことが困難になってくるからです。また既存のお客さんにとっても、同じようなクオリティをアピールして良いる同業者を見つけたら、そちらに乗り換えてしまう可能性もあります。①お客さんとのリレーション②お客さんとの共通点③同業者とのわかりやす…
企業ブランデイング

大手・中小企業・個人事業主はもう関係ない!
 これからの ブランドに必要な「パーソナル要素」

5Gに切り替わるこれからの時代、大手や中小、個人そして今までの知名度は価値観が一度リセットされていきます。人の関心はよりパーソナルな部分に注目され、ビジネスにおいても目の前で対応してくれる個人によって購買意欲が大きく変化します。その理由は、個人は企業より責任感があり、さらに個人は企業より寄り添う力が強いからです。
企業ブランデイング

ファンができる・できない ブランドストーリーその違いは?

私たちを取り巻く情報は、10年前の530倍に膨れ上がっています。私たちはそんな情報の中で同業者と差別化してブランドとして愛されるためには、どの会社とも、誰とも違うあなただけのブランドストーリーを語ることです。例えば、「私と同じ悩みを持つお客さんに喜んでもらうために、こんな準備が整いました」とか…
企業ブランデイング

あなたは大丈夫? 人が離れていく「逆」ブランディング

NG.1 販売から始める。NG.2 自分の話に時間を割く。NG.3 多分わかっていると信じ切る。G.4 今のスキルに満足する。NG.5 売れている人を模倣する。一方的な認知活動や発信は、逆にお客さんを遠ざけてしまう可能性があります。あなたの認知活動は「逆」ブランディングになっていないかチェックしてみてください。
企業ブランデイング

ブランドは知られることで進化する 「認知度×クオリティ」の掛け算ブランディング      

このように、私たちの商品やサービスは、依頼を受け、お客さまのリアルな悩みや希望に触れるまでは、私たち発信者側の想像の範囲を超えることはできません。① まず発信によって知られる② 接触回数が増えるたびに理解が深まる③ 依頼がくる④ リアルな悩みや希望に触れることでより精度の高いアウトプットができる⑤ ①〜④の繰り返し
企業ブランデイング

相手があなたを売り込んでくれる
ブランディング 私たちは「自分で選びたい」生き物

購入の決め手は「自分が選択した」という裁量権がもたらす充足感です。お店で洋服を買うとき「この服買おう!」思っていたのに、その後の店員さんがグイグイと売り込みを受けて買う気が失せてしまった。なんて経験はありませんか? せっかく購入を決めていたものも、人から売り付けられると購買意欲が下がってしまうのです。