当てはまったらキケン!社内と社外で別のことを言っている企業

企業ブランデイング

新商品開発において
チラシやパンフレットに

「お客様のために
じっくりと時間をかけて良い材料を選定し、
社員がアイデアを出し合っています」

こんな文言を掲げている企業でも
実際社員の声を聞くと

「正直開発までのスケジュールがきつくて、
じっくり企画を練る時間もなく、
とにかく他社より少しいいものを選んでいる状態です。」

なんて言葉を耳することも少なくありません。

お客様と社員に同じことを言っていますか?

お客様に喜んでもらうクオリティの高い商品を生み出すためには
社員の力が不可欠です。

それなのにお客様向けと社員向けとで
言っていることと実際にやっていることが
異なっていては、

「社員のことをないがしろにして
お客様にだけいい顔をしている!」や

「お客様に正しい情報を届けていない不安がある」と

総合的に「この会社は信用できない」と感じて
クオリティの高い商品が上がってくることはありません。

もしお客様に言っていることと
社員に言っていることが違ったら

そのやり方は今すぐやめましょう。

最初から最後までブレない企業方針を

お客様に愛される綺語になるためには
社員に愛される企業でないといけません。

そのために、
企業の目的は何であるか
そのためにどんな戦術をとったら良いか

経営者がブレない企業方針を指し示す必要があります。

言っていることとやっていることの
ブレを見直すことで安心感が生まれ、

社員、そしてお客様との
より良い信頼関係を築くことができます。

社内向け、社外向けで少しでも
言っていることとやっていることに
ブレがある場合は徹底的に見直していきましょう。

コメント