商品企画のポイント 【パッケージ印刷編】

商品ブランディング

商品を販売する際に欠かせないものとして
パッケージがあります。

好きなブランドのものだと
思わず取っておきたくなるパッケージですが、

今回はパッケージデザインでついてではなく、
パッケージの印刷時の注意点についてお話ししたいと思います。

紙質は 演出と実用性で選ぶ

パッケージはブランドの世界観を演出する手段です。

艶コーティングやマットコーティング、
紙の厚さや、紙自体の種類など

選ぶ紙質によってブランドのイメージを
お客様に効果的に伝えることができます。

演出としての紙質と合わせて確認したいのが
販売先での実用性です。

小さく軽い商品ではなく
重さがあって店頭での出し入れが多い場合は、
人に触られることでパッケージに傷がつきやすいため、

艶のあるフィルム加工のされた
紙質をオススメします。

販売されているシーンを想定して
パッケージの紙質を選びましょう。

初版サンプルを必ず取っておく

日本以外の海外でパッケージ印刷を発注していると

何回も生産を重ねているうちに
パッケージの色味が変わってきてしまう
場合があります。

必ずOKを出した初版のサンプルを
自社で保管するようにしましょう。

パッケージもブランドの一部

商品が無事に包まれていれば
パッケージの多少の傷や印刷の仕上がりの微々たる違いを
わざわざ指摘しなくてもいいのでは?
と思う方もいるかもしれません。

しかし、
パッケージもお客さまの手に届く
「ブランドの一部」ということを忘れてはいけません。

商品を手に取って
自宅に持って帰るまでも
「いいものを買った」とお客様が思わず嬉しくなるように

パッケージの印刷にもこだわりたいですね。

コメント