ブランドストーリーをお客様に伝えるべき理由とその効果

企業ブランデイング

同じようなスニーカーが2足目の前にあって、
どちらにするかと考えたとき、

あなたはどのように1足を選んでいますか?

見た目が気に入ったから?
価格がお手頃な方だから?

そのように選択するときに
私たちは必ず「自分の気持ちが動く方」を選んでいます。

今日は、
価格や見た目だけでなく、
人の心が動く
「ブランドストーリー」の話をします。

消費者の「心が思わず動く」ブランドストーリー

先ほどの2足のスニーカーのように、
同じような見た目と金額のスニーカーが並んでいたとき、
あなたはどちらを選びたくなりますか?

【A】
「高機能でおしゃれなスニーカーが新発売!」

【B】
「日頃の通勤時にも使えるデザインの、元国体代表アスリートと共同開発した、運動不足解消シューズが新発売」

Bの方が魅力に感じ、心が動きますよね。

Bのスニーカーからは
「たしかに自分も運動不足だけど、ジムに行く時間はないから通勤時に使えるのはありがたいな。
元国体代表アスリートが良いと言っているものなら性能もきちんとしているだろう。」

このように、自分の日常に置き換えたり、
実際に使用している様子を想像するように
お客様の心を動かすことができます。

魅力的なブランドストーリーによって
相手の感情に「共感」や「未来の想像」が生まれるのです。

モノが溢れる時代だからこそ ブランドストーリーが差別化のポイント

モノが溢れる現代では

機能はオーバースペックになりがちで、
見た目のデザインもすぐに同じようなものが出回ってしまいます。

その中で選ばれるブランドであるために、
ブランドストーリーが重要です。

あなたの会社が
なぜ、何を、いつから、どこで、だれと、どうやって
このブランドを作ったのかを伝えていくことで

お客様が、あなたの会社のブランドを選ぶ意味が生まれます。

お客様の心が思わず動くようなブランドストーリーを
伝えていきましょう。

コメント