ブランディングのポイント プレスリリースの書き方編

企業ブランデイング

プレスリリースとは
企業・団体などが、新商品・新サービスの発売や
イベント情報の公開、新規事業内容の開示などの情報を
広報のために、報道関係者に向けて発表することです。

配信方法は、
各メディア宛に文書にて送ったり、
E-mail、郵送、FAXやプレスリリース配信代行会社など様々です。

起業したばかりの小さな会社でも、
効果的なプレスリリースで広報活動を行うことによって、

広告費をかけずに会社の知名度を上げることが可能です。

ただし、プレスリリースの書き方にはコツがあるので、
基本をしっかりと押さえましょう。

プレスリリース 基本の書き方

プレスリリースの基本的な書き方は
下記の構成です。

・タイトル
・リード文
・写真
・本文
・問い合わせ先

タイトル
ライターや記者は毎日多くのプレスリリースが配信されてくるため
タイトルで惹かれないものは読み進めてもらえません。
そのため、タイトルを読んだだけである程度内容がわかるものにしましょう。

リード文
プレスリリースが掲載されるかは、
タイトルとリード文が面白く分かりやすい事にかかっています。
言いたいことを1つに絞って、事実を具体的に記載しましょう。

写真
写真の有無が記者やライターの目を止める大きな要因になります。
せっかく写真を載せるなら、記事の内容が端的にわかる
綺麗で見やすい写真を載せましょう。

本文
プレスリリースで発表するに至った根拠や、
社会的なストーリー、商品の魅力や今後の展望などを
データなどを用いて客観的に書くようにしましょう。

問い合わせ先
この項目は書き漏れの大き項目です。
時間がない記者やライターにとって、問い合わせ先が確認できないものは
面倒に感じ、記事に掲載する事をやめてしまうケースが多いです。
必ずこれらの項目をプレスリリース最後に記載しましょう。

  • 会社名
  • 担当者氏名、部署名
  • 電話番号、メールアドレス
  • FAX番号
  • 自社HPや、リリースに関する情報の専用URL

プレスリリースは企業の正式発表

プレスリリースは企業の正式発表のため、
一度配信したら修正することはできません。

そのため、名称・価格・日時など
基本情報のケアレスミスはあってはなりません。

配信後、間違いに気が付いたとしても、
掲載メディアに修正してもらおうとしても断られるケースもあります。

配信前には複数名でしっかりと確認することをおすすめします。

実際にプレスリリースを書くときには、
今回ご紹介した基本の書き方を参考に、
あなたの会社の良さが十分に伝わる内容を作成してくださいね。

あなたの会社が多くのメディアへ掲載されることを願っています。

コメント