ブランディングのポイント 【コンセプトづくり編】

企業ブランデイング

どうせ作るなら多くの利益の上がる商品を考えたい!
多くの企業が、そう思って日々企画を考えていると思います。

とはいえ、そんな簡単に
アイデアがうかぶ訳はないので

今回は商品企画において大切な
「自社の生産背景の強み x お客様の実態 x シーン設定」

この3項目についてお話しします。

1.生産背景の強み

今まで培った技術や知識は
ライバル企業に対して
大きなアドバンテージになります。

現在行なっている事業にしても
新規事業にしても

なんか行けそう!と進めるのではなく

あなたの会社が
この商品を「開発できる理由」=「バックボーン」を
理解して、強みを生かした商品開発を行いましょう。

2.お客様の実態

商品を購入するお客様様を
ざっくりとターゲット層として

ネットや想像だけではなく、
実際に足を運んで
実地調査やヒヤリングをしましょう。

どんなお店で、
どんなものに惹かれ、
どんな買い物をしているのか。

なぜそのお店を選び、
なぜその商人に惹かれ、
なぜ買い物カゴに入れたのか。

想像するのと、実際に観察するのでは
実態は想像以上に違うので
リアルな実態を知るよう行動をしましょう。

3.シーン設定

実態を調査したお客様を
どんな気持ちにさせたいかシーン設定として
明確に定義しましょう。

多くの企業が
商品をつかったお客様に喜んでもらいたい!
楽になってもらいたい!と
考えて商品を作るものだとおもいますが、

シーン設定を5W1H形式で設定することで
お客様を感動させる
より良い商品づくりをすることができます。

どんな時に喜ぶのか、
どんな場所で喜ぶのか、

実際にこの商品を使った人の心を
どのように動かすか考えましょう。

自社の生産背景の強み x お客様の実態 x シーン設定

・自社の生産背景の強み
・お客様の実態
・シーン設定

この3項目を組み合わせて
お客様が思わず選びたくなる
商品を作っていきましょう。


コメント