ブランドを強くする3つの武器 効果的に進化させるブランディング

企業ブランデイング

ブランドは一度作るととても強固なあなたの後ろ盾となります。
そしてブランドを進行形(ing)として進化させるブランディングにすることによってさらなく拡大をすることが可能になります。


その前に、
あなたのアイデアがブランドになるまでのステップを大きく3つに分けておさらいしましょう。


①「らしさ」の差別化
 あなたの専門性の同業者との差別化ポイントを
 ビジネスの「目的」として明確な文章に落とし込む


②認知される

 お客さんに伝わるようにメッセージ(文章化)やデザイン(視覚化)で認知される


③理解を深め関係性を築く

 発信を続けることで、お客さんとの信頼関係を作り、関係を拡大していく


あなたのブランドは今どのポジションにいるでしょうか?
またあなたのブランドで手詰まりを感じている場合はこの3つのどこかかのステップを手直しすることによって、お客さんとの距離が縮まり、指示されるブランドへと進化していくことができます。


そして今日は
あなたのブランドがたくさんのお客さんに応援され、支持され、拡大して、さらなる進化を遂げるためのブランディングに欠かせない3つの武器についてお話しさせていただきます。

感情的なインパクト

私たちが何かを支持したり、購入したり、プロジェクトに参加する際、そこには感情的な理由と理性的な理由の2つの思考が同時に居合わせます。


ついブランドの発信者である私たちは、ブランドの良さについて性能や実績、お客さんにもたらす物質的な結果を多く語りたくなるものです。しかし、日々の小さな買い物から社運をかけた新規プロジェクトにおいても、感情的な理由が無くして「もっと話を聞いてみよう」「試しに購入してみよう」と次のアクションには結びついていないのです。


情報の受信者であるお客さんが次のアクションを起こしたいという気持ちになるためには、温かみ、仲間意識、楽しさ、期待、尊敬といった思わず思わせる「感情的なインパクト」を伴った発信発信が不可欠です。


ブレない発信

ブランドを構築する一番初めに定めた「らしさ」差別化ポイントで名分化した、このビジネスの「目的」が変化してはいけません。


例えばブランドを続けていると、より良いメニューや新しいガジェットなどの「手段」が変化してくることがあります。それはあなたのブランドをブラッシュアップする理論的な理由の1つになるでしょう。しかし、この「手段」はあくまで「手段」なのです。


1つ前の章でお話しした通り、お客さんは感情であなたのブランドを支持しています。
どんなに理論的な理由が新しくなっても、根底にある「目的」をブラすことのない一貫性のある発信を続けることでお客さんからのさらなる信頼や期待を獲得することができるのです。

積み重ねた時間

ブランディングは繰り返しの連続です。
基本的にはただ1度あなたの投稿を見たり、チラシを見てただけで「すぐに購入します!」と名乗りを上げるお客さんは本当に稀でしょう。


また、発信者側が飽きてしまったから何か違うことをやりたいというような理由で、ブレのある発信をしていないか振り返ってみてください。


お客さんとの関係において、単発で関係が終わってしまうより、信頼され長くリピートされる関係が構築できたほうが双方にとってのブランド価値は大きく高まります。


通常はお客さんの悩みや希望に対して時間をかけて丁寧な発信を続け、「●●といえばあなた」「あなたといえば●●」と差別化ポイントに対して十分な共通認識を得られる関係を構築することで最終的な支持や購入というブランドとして精度の高い段階に進むことができます。

ブランディングによってブランドは進化する


お客さんにあなたのブランドに対して一貫性のある発信によって作られた共通認識こそこれからの時代のブランドの存続には欠かせません。


スポーツ選手行っている長年の体づくりも、3日サボると勘を戻すのに1週間かかると言われています。ブランドも同じように日々のブレない継続をすることによってお客さんとの関係は信頼や期待を感じる、より強固なものに進化していくのです。




コメント