今すぐはじめる withコロナ時代を生き残る「特化型ブランディング」

企業ブランデイング

今回のコロナの影響で消費者の中で2つの心情が大きくなりました。
1つ目は消費に対して慎重になったこと。
大手企業の大幅なリストラや中堅企業の倒産、派遣社員の

2つ目は自分のライフスタイルを見直す時間が増えたこと。
今まで外出で楽しんでいた余暇の時間を、自分の家で過ごすことが多かったこの期間。消費者は自分の人生に何が重要なのかを考える時間を持ちました。その結果、消費者の今までなんとなく購入や消費していた物事に対する意識が、「本当に自分にとって必要なものか?」「何を選ぶか」という選択に対する感覚を呼び起こしました。
この「本当に自分にとって必要なものか?」という感覚は、本当に欲しいものしか買いたくないという、シビアでクリアな選択を好む傾向が増してきています。


これからの消費者は「多くのモノはなく、本当に自分の欲しいモノ」を探してます

あなたはその理想的な関係を叶えるブランドを築き上げるために、あなたのとってもお客さんにとっても、ミスマッチを防ぐことが重要です。
そのために分かりやすい認知活動をすること、そして必要とするクオリティを持ったブランドを共に育てていくことこそが、これからの社会にとって必要なビジネスを構築することができます。
だから今こそ、本当に効果のあるビジネスを構築するためのブランディングを考え直すタイミングなのです。

ブランディングによって招かれざる客を遠ざける

ブランディングはあなたとあなたが幸せにしたいと思う理想のお客さんをいち早く結びつけるものです。
しかしそれだけではなく、「招かれざる客」を遠ざけることもできるを知っていましたか?「招かれざる客」はあなたの価値を安く利用したり、浪費させようとします。


でもブランディングをしておくことによって、あなたの専門性が明確になり、あなたを取り囲む理想のお客さんだけが集まってくることによってその「招かれざる客」の漬け込むスキを与えることはありません。


このブランディングによってあなたの専門性はさらに磨かれクオリティの高い商品やサービスをお客さんに提供でき、ブランドの関係はより強固なものになっていきます。


そのためにはより専門性を分かりやすくする「特化型ブランディング」をすることです。
あなたのブランドはどうでしょうか?
もしまだ「特化」が足りず、誰からでもウェルカム!というスタンスであるとするならば、今がブランドの見直し時期に来ています。

ブランディングで労力を減らし、効果を最大限に大きくする

「特化型ブランディング」をするということは、あなたの自身のブランドを構築する上で、あなたの業務を絞り込み、より厳令された範囲のサービスにおいてスペシャリストにとしてのあなたの位置付けるということです。
多くの専門性あるプロフェッショナルは、その分野において自分がなんでも対応できるように説明しがちです。それは、目先の仕事が欲しいという理由や、目の前のお客さんを助けてあげたいという感情、そしてそのためになんでもできるという自負がそうさせているのです。

しかしこの「特化」しきらない看板を掲げて、果たしてあなたの専門性をどこまで高めていけるでしょうか?これからの消費者は「より自分にふさわしいもの」を探しています。そのときに「あなた以外に頼む人はいない!」と言われるまでの専門性を持っていることが、これからを生き抜く「特化型ブランディング」になりえます。

コメント