ブランドには期待感を ファンが増える環境をブランディングする

企業ブランデイング

ブランドとはモノではなくお客さんとの共通認識によって生み出される「価値観」です。
長期的に愛されるブランド作りには、あなた自身、そしてお客さん目線でブランドを取り巻く環境自体をブランディングしていくことが重要です。

現在の仕事空間

人は環境で作られると言う話をよく耳にするとおもいます。私たちは目の前の相手に対しても、環境と人格を結びつける傾向があります。
これはイメージであり、

しかしこのイメージによって人の頭の中に浮かぶ一連の流れがブランドの価値に少なからず影響を及ぼします。


お客さんとの応接室はあなたのブランドにふさわしい環境になっているでしょうか?
もしくはオンライン会議の時のあなたの仕事部屋の背景はどうでしょう?
あなたの過ごす環境から、仕事ぶりをお客さんからのブランドの世界観を連想し、イメージします。


この環境を整えることは、仕事部屋に高級感を存分に出すことで、相手に威圧感を与えることではありません。
あなたのブランドに対するスタンスを相手の頭の中、そしてあなたの頭の中にイメージしやすい環境をブランディングすることが目的です。



今あなたの仕事環境をぐるっと見渡してみて、ブランドに対して雑然としているようでしたら、あなたのブランドを構築する上で関係ないものは目に入らないように片付けてしましましょう。


未来を見据えた 休日の過ごし方

休日の過ごし方なんて、ブランドに関係ないと思うかもしれませんが、実はブランドに関わるその人の、本当の姿を垣間見ることができるのです。
それは、勉強したり、友人や家族と過ごしたり、リラックスしたりと、平日では忙しくてできない未来に向けての準備を休日に行うことができるからです。


例えば、
休日の便利でお得な遊び予約サイト、アソビュー株式会社の代表である山野 智久氏は、土曜の朝から早く起きて、車にアウトドアグッズを乗せ、家族と一緒に自然を楽しみに出かけるそうです。


また、日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」を運営する株式会社クラウドワークスの社長 吉田浩一郎氏は、休日をゴルフ・麻雀などをして過ごしているそうです。そこで人の運やバイオリズムが一定ではないことを知り、好調なときに強く打ち出し、不調なときには気持ちに左右されずにセーブする、という勝負のやり方を体得するようです。


このようにそのブランドの顔となる人物の休日の過ごし方を開示することによって、お客さんにとって、そのブランドの根底にある人物像をとても自然に受け入れられ、人となりを知ることでよりブランドに親近感を覚えることができるのです。

過去から現在へ ブランドの開発秘話

テレビ番組や雑誌の特集で「あのブランドの開発秘話!」と言う見出しが目に入るとついつい見てしましませんか?


私たち人間は、知的好奇心によって進化してきた生き物です。
そのため、どんな環境でそのブランドが生まれたのかと言う理由や背景を知ることにとても興味を持つのです。

境遇に対する共通点を見つけた時に親近感覚えたり、あなたの努力に尊敬を覚えることができます。

環境が人、そしてブランドを作る

私たち人間は環境に順応することに長けた生き物です。よく服やメイクから性格が変わると言う話がありますが、まさにその通りです。
お客さんに提供したいブランドの理想的なビジョンを叶えるためには、自分自身とお客さんや社員からの視点で、内側と外側からの環境もブランディングしていくことが重要です。


ブランドとはモノではなくお客さんとの共通認識によって生み出される「価値観」です。
あなたの理想的なブランド像はどんなものですか?
あなたとお客さんの理解を深め合い、ブランド価値を高めていくための環境のブランディングをぜひ整えてみてください。


コメント