ブランディングのポイント 【サンプル作成 性能編】

企業ブランデイング

サンプル作成をする際、
デザインと機能を切り分けて考えてしまいがちですが、

企業としてブランディングをする上で、
性能をきちんと試験することもとても重要です。

公的な性能試験

公的な試験として
代表的なものには、
日本の工業製品に関する国家規格の「JIS基準」や
電気用品の安全試験をする「PSE試験」などがあります。

これらは
消費者の安全を守るために設けられた
工業標準の性能試験です。

日本で商品を発売する企業として
サンプル作成の段階で

基準をクリアできるか
十分にテストをしておきましょう。

シーン想定した性能試験

公的な性能試験とは別に、
取扱説明書にはNGにしているけれど、
もしかしたらこんな使われ方するかもしれない、

そんなペルソナの生活シーンや使用シーンを
詳細に想定して追加試験を行うこともあります。

サンプル作成の時点で
自社ブランドとしての商品性能を考えた時、
ペルソナの使用シーンを想定することはとても重要です。

性能も企業ブランド

商品の性能は
お客さまが企業をどのように思うか、という
企業ブランディングにもつながります。

企業として商品の性能を
どのレベルまで求めるのかによって
企業価値が問われるのです。

お客様に愛され、思わずリピートしたくなる商品づくりのために
性能基準もブランディングしていきましょう。

コメント