企業ブランデイング

ブランドには期待感を ファンが増える環境をブランディングする

テレビ番組や雑誌の特集で「あのブランドの開発秘話!」と言う見出しが目に入るとついつい見てしましませんか? 私たち人間は、知的好奇心によって進化してきた生き物です。どんな環境でそのブランドが生まれたのかと言う理由や背景を知ることにとても興味を持つのです。あなたの理想的なブランド像はどんなものですか?ブランド価値を………
企業ブランデイング

思わず好きになる! リピートされるブランドがやっている4つのパーソナル開示

溢れる情報の中から、あなたのブランドと同業者と差別化してスムーズに認識してもらうためには、あなたの提供する商品やサービスの裏側に隠されたパーソナルな部分の開示が欠かせません。ただ良いもの、ただ便利なものだけではこれからの「検索と比較の時代...
企業ブランデイング

お客さんが自然と増える ブランディングに必要な「パーソナルの開示」 4つのメリット

これからくる「検索と比較の時代」ではただ良いものを作っているだけでは、お客さんと出会うことが困難になってくるからです。また既存のお客さんにとっても、同じようなクオリティをアピールして良いる同業者を見つけたら、そちらに乗り換えてしまう可能性もあります。①お客さんとのリレーション②お客さんとの共通点③同業者とのわかりやす…
企業ブランデイング

大手・中小企業・個人事業主はもう関係ない!
 これからの ブランドに必要な「パーソナル要素」

5Gに切り替わるこれからの時代、大手や中小、個人そして今までの知名度は価値観が一度リセットされていきます。人の関心はよりパーソナルな部分に注目され、ビジネスにおいても目の前で対応してくれる個人によって購買意欲が大きく変化します。その理由は、個人は企業より責任感があり、さらに個人は企業より寄り添う力が強いからです。
企業ブランデイング

ファンができる・できない ブランドストーリーその違いは?

私たちを取り巻く情報は、10年前の530倍に膨れ上がっています。私たちはそんな情報の中で同業者と差別化してブランドとして愛されるためには、どの会社とも、誰とも違うあなただけのブランドストーリーを語ることです。例えば、「私と同じ悩みを持つお客さんに喜んでもらうために、こんな準備が整いました」とか…
企業ブランデイング

あなたは大丈夫? 人が離れていく「逆」ブランディング

NG.1 販売から始める。NG.2 自分の話に時間を割く。NG.3 多分わかっていると信じ切る。G.4 今のスキルに満足する。NG.5 売れている人を模倣する。一方的な認知活動や発信は、逆にお客さんを遠ざけてしまう可能性があります。あなたの認知活動は「逆」ブランディングになっていないかチェックしてみてください。
企業ブランデイング

ブランドは知られることで進化する 「認知度×クオリティ」の掛け算ブランディング      

このように、私たちの商品やサービスは、依頼を受け、お客さまのリアルな悩みや希望に触れるまでは、私たち発信者側の想像の範囲を超えることはできません。① まず発信によって知られる② 接触回数が増えるたびに理解が深まる③ 依頼がくる④ リアルな悩みや希望に触れることでより精度の高いアウトプットができる⑤ ①〜④の繰り返し
企業ブランデイング

相手があなたを売り込んでくれる
ブランディング 私たちは「自分で選びたい」生き物

購入の決め手は「自分が選択した」という裁量権がもたらす充足感です。お店で洋服を買うとき「この服買おう!」思っていたのに、その後の店員さんがグイグイと売り込みを受けて買う気が失せてしまった。なんて経験はありませんか? せっかく購入を決めていたものも、人から売り付けられると購買意欲が下がってしまうのです。
企業ブランデイング

ブランドを強くする3つの武器 効果的に進化させるブランディング

ブランドを進行形(ing)として進化させるブランディングにすることによってさらなく拡大をすることが可能になります。 ①感情的なインパクト②ブレない発信③ブランディングによってブランドは進化する。お客さんにあなたのブランドに対して一貫性のある発信によって作られた共通認識こそこれからの時代のブランドの存続には欠かせません。
企業ブランデイング

ブランドはお客さんの頭の中で生まれる!イメージを共創するブランディング

ブランドイメージをとは「共通の価値認識」として頭の中で感じ取っているのです。私たちはエルメスというブランドに対して「高いけど良いもの」という共通認識を持っています。この共通に感じる価値こそがブランドの実態なのです。そのためには名分化したメッセージと直感的に捉えられる視覚的表現でデザインで伝えてしていくことが重要です。
企業ブランデイング

ブランディングは「本能に刺さるもの」 理性が直感に勝てないそのワケは!?

私たちはどんなに理性的に物事を理解しようとしても、目の前を通り過ぎる人や情報に対して、瞬間的に印象付けてしまう生き物なんです。たちは視覚的な印象を0.3秒で決定していると言われています。これは対面であれば、話し方や表情、その時の服装で印象が変わります。一瞬で目に飛び込んでくる情報が第一印象の決め手となります。
企業ブランデイング

自分のブランドに迷いがなくなる!ブランディング7つの階段

ブレのないブランド発信を続けることは「あなただから●●を頼みたい」と思われるお客さんが自然とファンになる仕組みを作ります。STEP.1 ペルソナを明確にして差別化する。あなたの専門性で、お客さんのどんな悩みの解決や希望を叶えるのかをクリアにし、明文化しましょう。STEP.2 ペルソナに刺さる視覚的デザインだけで固める…
企業ブランデイング

顔色を伺うと売れない!? 知っておきたいブランディングとマーケティングの順番

ブランディングをしてからマーケティングをしていく方が、モチベーションも保ちながら効率よく進めることができます。「●●といえばあなた」という専門性こそ最強のブランディングです。あなたも得意の専門分野で最大限のパフォーマンスを発揮することによって、お客さんもその最大限のパフォーマンスを受けることができます。
企業ブランデイング

ファンを増やす認知活動4つのステップ 効果的なブランディング

STEP.1 認識。お客さんはこの時初めて、存在すら知らなかったあなたの商品の存在を認識します。STEP.2 相性単純な接触回数を増やすことによって私たちは自然と親近感を覚えるようになります。STEP.3 理解理論的なメリット、感情的なベネフィットに訴えかけるメッセージを発信してください。STEP.4この時のペルソナの
企業ブランデイング

ブランディングには 積極的な認知活動が必要な理由

影響力というのは大手企業のだけのものではありません。個人でも影響力は作れます。カリスマと呼ばれる個人が、大きな影響力を持つようになったのはなぜでしょう?それは顧客、同業者、メディアが本人に対してどんな印象を描くか、プロセスの積極的な管理をしていたからです。