企業ブランデイング

ものづくり企業のあくなきチャレンジ【ブランディング コラム】

エジソンのものづくりへの哲学。『世界がいま本当に必要としているものを創るのだ』 “I find out what the world needs, then I proceed to invent it.”ものづくりのあくなきチャレンジ」と言う言葉を聞いて、あなたはどんな商品や企業を思い浮かべますか?多くのものづくり…
企業ブランデイング

ものづくり企業はチャレンジャーであれ 【ブランディング コラム】

「モテるものづくり」には3つの要素を満たすことによって、情熱や思いつきではない、ロジカルなモテる自社ブランド作りにチャレンジすることができます。またテクノロシーの推を集めた革新的な製品を開発することだけでもありません。①お客さん、ユーザーがトキメく ②作り手が惚れ込んでいる ③自社で作り、売ることができる……
企業ブランデイング

ものづくりブランドとベンチャー 【ブランディング コラム】

ものづくりの中小企業でありがちなのが、社長の思いつきによるベンチャー事業立ち上げと中倒れです。社長の想いと社員やサプライヤーとのすれ違いが起きているのは、目的と配役の共有ができていないからです。「あぁ、また社長が1人でなんか始めたぞ」「社長の思いつきでぼくの業務を増やされたくないなぁ」「御社の社長さんお元気ですね…」…
企業ブランデイング

ものづくり企業の リーダーシップ【ブランディング コラム】

ものづくり企業おいてに求められるリーダーシップ、それは「逆算力」です。逆算力とは…①目標を定める力 ②自社と社会の視点を行き来する力 ③必要な要素を集める力_ものづくりは多くの工程を必要とし、場所、モノ、ヒトの力があって初めて解決するため、今の現象を変化させることに迷いを感じる社長さんが多くいることが事実です。しかし…
個人ブランディング

ものづくり企業の アイデンティティー 【ブランディング コラム】

マーケットに負けないアイデンティティーのあるものづくり企業づくりは、本音と建前を整理することからでも始められます。会社の資金繰りのために、なんだかなぁとともいながらも、納期の厳しい案件やチャレンジ精神の掻き立てられない無難な仕事ばかりを受けている(建前)。でも本当は、テレビ番組「ガイアの夜明け」や「カンブリア宮殿」……
企業ブランデイング

ブランディングから考える ものづくり企業の資質 【ブランディング コラム】

わたし達はこの、ものづくりへの好奇心と探究心こそが、これからのものづくり企業の資質でだと考えています。実際に、10人ほどの町工場さんが自分たちの哲学を基に、ブランディングを通して強みを明確にしていくことで難攻不落と言われていた大手研究会社との新規研究開発をスタートさせる姿を目の前で見てきました。これはものづくり企業の…
企業ブランデイング

ものづくりブランディングの哲学 【ブランディング コラム】

これからのものづくり企業にはブランディングを行うための「哲学」が必要です。これを私たちはわかりやすく「譲れない大切な考え」と言っています。今までの企業では、会社の重要な意思決定や取引先の決定の場面において、どんな会社を選ぶのかは考えることが面倒で人の進めるものに決めるような「常套手段」がありました。しかしこれからは……
企業ブランデイング

ものづくりブランディングとは 【ブランディング コラム】

わたし達C-OILINGではこのブランディングを「コミュニケーション」と定義づけています。ものづくりの歴史というのは、社会の生活を進化させ豊かにしたいという想いから技術進化を繰り替えてして今に繋がれてきたものだからです。ものづくりブランディングでは、この「想いと技術」を伝え合うことが重要です。
商品ブランディング

オンラインにシフトできるブランディング ブランドの「価値」が伝わるキーワードの作り方

ポストコロナ時代はオンライン化が進みます。今までのようなリアルや対面でのオフラインでのなんとなく購入は減少し、オンラインで自らが求めるものをキーワード検索して、その中から比較して選ぶ「目的買い」が増えるのです。だからこそこれから支持を拡大できるブランドには「価値」が伝わるキーワード作りが欠かせないのです。その方法は2つ…
企業ブランデイング

思わず聞きたくなる! 「商品の魅力的な伝え方」をブランディングする

ブランドの良さを伝えるときは、あなたの熟知された経験や知識からの視点からではなく、聞く相手にとってわかりやすいキーワードを使うことです。「魅力的な商品の伝え方」をブランディングしましょう。A(商品価値)×B(顧客像)×C(仕事のスタイル)、特徴的な高付加価値だと位置付けしている項目を3〜4つピックアップしてください…
企業ブランデイング

お客さんにクリアに伝わる!「強み」のポジショニングが必要なワケ

あなたのオジションは「強み」によって構築するものです。何か知名度を上げるためだけに、流行っているから、同業者がやっていないからで選ぶのではなくブランドが成り立つためのヒストリーと、そこから築き上げてきた専門分野に特化し、ポジショニングを明確に伝えるブランディングを考えましょう。応援・支持する意味が明確になる①商品ライ…
企業ブランデイング

ブランドを強くする 「ペルソナ」との向き合い方

どんなに世界的に有名なブランドも、最初からカリスマ性があったらか売れたのでがなく、お客さんの感情を知り、その感情をポジティブにする商品やサービスの展開によって発展していったのです。①ペルソナの悩みを知る②ペルソナの欲しい商品・サービスを考える③ペルソナの買いやすいビジネスモデルを考える。世界的に有名なコカ・コーラは今…
企業ブランデイング

一言で言い切る!複雑な専門分野でもしっかり伝わる 特化型ブランディング

知識や技術を最大限に生かして多くのお客さんの事業や生活を向上させたい!と立ち上げるブランドが、お客さんとの距離をスムーズに縮めるための特化型ブランディングについてお話しします。誰のために?→ペルソナ。何を→専門化。なぜ?→ポジショニング。この3つを明確にすることでブランディングは動き出します。ブランディングにおいて……
企業ブランデイング

なんだか伝わらない…を抜け出す ブランドの「目的・目標・手段」

ブランディングには大きく「差別化」「認知」「継続」の3つのステップで構成されますが、その際に何を実施したら良いのか、ブランドの本質を顧客に伝え、顧客と価値を共有し、ブランディングをスムーズに行うための大きな流れを3つの階層に分けてお話ししたいと思います。どのチャンネルで?ウェブサイト.Facebook.Youtube…
企業ブランデイング

なんとなくブランディングしないための「目標設定」の方法

日本ではブランディングをすることをまだまだ、なんとなくおしゃれにカッコよくする、ビジュアルを整えることと捉えられがちです。しかし実際はブランドの価値をより多くの人と共有していくための戦略を練り、戦術を考えることです。その上で結果的にデザイン性に優れたものが生まれたりもします。①数値的目標を立てる。・いつまでに?:スケ…