企業ブランデイング

「シンプルに伝える」商品ブランディング 3つのメリットの伝え方

まずはお試しからでも手に取ってもらえる「メリットの伝え方」を伝える方法をマスターしましょう! 目次:1.これを買って損はないか?2.比較対象のデータは明確になっているか?3.デメリットを伝えることで得られる信頼感4.メリットとデメリットをお客様に伝える重要性
企業ブランデイング

コラボ企画で気をつけたい 商品ブランディングの3つのポイント

1.企業のお客様に響くコラボか?2.コラボが終わっても ファンになる仕組み作りはできているか?3.ここに見出しテキストを追加4. やってよかったコラボ企画にするためにすべきこと。社運をかけたコラボ企画となるとなるべくインパクトが欲しいと考えるものですが、自社のイメージと全く違うブランドを起用してお金をかけたけど効果が出なかったという、失敗例をよく見かけます。
企業ブランデイング

キャッチコピーの持つ ブランディングドアの効果

キャッチコピーというと響きのいい言葉が、格好良く並んでいるものを想像してしまいませんか?おしゃれな言葉、専門的な言葉、比喩の効きすぎた言葉…。耳障りのいいだけの言葉ではお客様の心に刺さることはできません。それぞれの「ブランドのターゲット」であるお客さんが入りたくなる仕掛けをします。
企業ブランデイング

商品ブランディングで「ありのままを受け入れてほしい」はNG

「ありのままをうけいれてほしい」というのは「泥のついたままの畑の大根をそのまま食え」と言っているのと同じことで図々しい迷惑なこと、だから人は誰かに受け入れてほしければ泥を落とし料理する努力をして自分を磨かなければいけません。切れ味のいい言葉ですね。
企業ブランデイング

自社ブランドが育つ 「中小企業」の企業ブランディング戦略

中小企業には「中小企業の戦略」が必要です。小さな会社の自社ブランドの認知活動には、このような戦略を繰り返していく必要があります。①自社よりひとつ下のブランドが介入できないようにする。②自社よりひとつ上のブランドが持っている領域を攻める。
企業ブランデイング

“キャッチコピーをみんなで決める” 企業ブランディングの落とし穴

社員の士気を高めるためにみんなでキャッチコピー決めるのは逆効果!? どうやってキャッチコピーを決めていますか?・キャッチコピーの専門家に依頼する・社内のクリエイティブ部門が考える・社長の一存で決める・みんなで意見を出し合って決める様々な方法があると思いますが、その中で一番あぶないのは「みんなで決める」ことです。
企業ブランデイング

「 イイ感じにしたい 」 商品ブランディングの落とし穴

モノが売れない!と言われる現代でも売れるモノは売れています。   売れる商品をつくるたいめに少しでも見栄えよくしたいという思いから   ブランド構築をするためにこんな風に相談に来るクライアントがいらっしゃいます。   「とにかくイイ...
ライフスタイル

ムリなく知識を深める 専門書の読み方

専門書、小説、雑誌、漫画、写真集などなどジャンル問わず本は本当にコスパのいいものですね。 専門家やその道のプロが何年、何十年とかけて体験、体感、トライ&エラーを繰り返しながら構築した知識を わかりやすくまとめて1冊にしてくれて...